西村 尚己/Naoki Nishimura

1969年、兵庫県生まれ。
大阪大学大学院工学研究科修了。
人間味あふれるアスリートの姿に魅せられ、学生時代にスポーツ写真の世界と出会う。大学卒業後は国土交通省に勤務しながらアマチュアカメラマンとして活動するも、どうしてもプロの世界で挑戦したいという想いが募り、2016年にアフロスポーツに転職。
現在は国内外のスポーツを精力的に撮影し、人間の情熱や鼓動、匂いなど五感で感じ取れる作品作りに励む。

【受賞歴】


2006年
日本広告写真家協会 APAアワード2007写真作品部門 奨励賞

2013年
第36回写真新世紀 佳作

2015年
第38回写真新世紀 佳作

 

 

【取材歴】


2017年
冬季アジア大会(札幌・帯広)

2018年
夏季アジア大会(インドネシア/ジャカルタ)
夏季ユースオリンピック(アルゼンチン/ブエノスアイレス)

2019年
冬季ユニバーシアード(ロシア/クラスノヤルスク)
世界柔道(東京)
ラグビーワールドカップ(日本)
卓球・ITTFグランドファイナル(中国/鄭州)

 

error: Content is protected !!